ホーム > 日本行動計量学会について

日本行動計量学会について

2015.06.24更新

日本行動計量学会は,最も広い意味での人間の行動に関する計量的方法の開発と,そのさまざまな分野への適用について研究すること,計量的方法の普及ならびに研究者相互の連絡・協力を促進すること,研究成果を社会に還元すること,を目的とする学会です。

概要

学会役員等

歴代理事長

1973年9月-1988年3月林 知己夫
1988年4月-1991年3月肥田野 直
1991年4月-1994年3月水野 欽司
1994年4月-2000年3月柳井 晴夫
2000年4月-2006年3月杉山 明子
2006年4月-2012年3月飽戸 弘
2012年4月-2015年3月岡太 彬訓
2015年4月-繁桝 算男

名誉会員

学会賞

会則等

問い合わせ先

下記より,ご覧ください。

このページのトップへ