シンポジウム第101回〜第110回

2016.11.22更新

第102回行動計量シンポジウム

テーマ: グローバル時代の地方再生 -医療・ビッグデータを用いた活性化‐
日 時: 2016年11月27日(日)13:00〜17:00
場 所: 文教大学湘南キャンパス(茅ヶ崎市行谷 文教大学湘南キャンパス)
主 催: 文教大学 経営学部
共 催: 日本行動計量学会,グローバルビジネス学会
プログラム: ◆開会のご挨拶 根本 俊男(文教大学学園 常務理事)
◆基調講演 林 康夫(日本貿易振興機構(ジェトロ)顧問)
   経済のグローバル化と地域創生
◆講演1 岩尾 聡士(藤田保健衛生大学 医学部 教授)
   CBMヘルスケアイノベーションIWAOモデル
   -ソーシャルフランチャイズ式ステーションの整備と自立分散型データの利活用-
◆講演2 難波 貴代(神奈川工科大学 看護学部 教授)
   訪問看護ステーションの現状と課題
   -介護状況からみたこれからの訪問看護ステーション-
◆講演3 森 一将(文教大学 経営学部 准教授)
   ビッグデータを用いた中高年の健康・心理の分析
◆講演4 梅村 仁(文教大学 経営学部 教授)
   地方創生の現状と課題 -離島の挑戦を事例として-
(総合討論)
◆ 閉会のご挨拶 井之上 喬(京都大学 経営管理大学院 特命教授)

このページのトップへ

第101回行動計量シンポジウム

テーマ: 実データによる統計教育とデータサイエンティストの育成
日 時: 2016年9月24日(土)14:30〜17:40
場 所: 岡山理科大学 A1号館1階プレゼンテーションルーム
主 催: 日本行動計量学会
共 催: 日本行動計量学会 岡山地域部会(第61回研究会),岡山理科大学地域分析研究会(第66回研究会),岡山統計研究会(第161回)
協 力: 岡山理科大学 経営学部(2017年4月開設)
プログラム: 発表者とタイトル
(1)横山 暁(帝京大学経済学部):データ解析コンペティションを通してのデータサイエンティストの養成
(2)山口 和範(立教大学経営学部): 立教大学における統計教育改革 −データサイエンス副専攻導入に向けて−
(3)小木 しのぶ((株) NTTデータ数理システム): 企業が今必要としているデータ分析スキル
司会: 黒田 正博 (岡山理科大学)
このページのトップへ

大会・シンポジウム

過去のシンポジウム