***** 大学入試センター研究開発部 教員公募について *****

  この度、大学入試センター研究開発部では、下記のような2つの公募を行
なうことになりましたのでお知らせいたします。希望される方がいらっしゃ
いましたら、奮ってご応募下さい。また、周りに適任者がおられましたら、
応募を勧めて頂きますよう宜しく御願い申し上げます。

1) 試験評価解析研究部門  教授または准教授
2) 試験基盤設計研究部門  助教

  なお、同様の記事は大学入試センターのホームページ「採用案内」にも
掲載予定です。

>> http://www.dnc.ac.jp/dnc/boshuu/

                                    大学入試センター 研究開発部 部長
                                                 宮埜 壽夫

===== [公募要項1: 教授または准教授] =====
    独立行政法人大学入試センター研究開発部教員候補者の募集について

1.募集人員    教授または准教授
               (独立行政法人大学入試センター教育職俸給表適用)1名
2.所属研究部門   試験評価解析研究部門
3.求める研究・業務内容
    当該研究部門では、大学入試センター試験の円滑な実施とその改善に資する研究、
    及び試験問題の解析・評価に関する研究を行う。特に本公募職種については、試 
 
    験の実施に係わる研究(例えばリスニングテスト/障害者のための試験等を含む)
    を、センター内の他部局と連携して行うことを主たる任務とする。また、大規模
    試験の波及効果と妥当性に関する研究、試験問題の特性・採点方法に関する研究、
    試験の統計情報の蓄積・整備に関する研究等の、プロジェクト型の研究のいずれ
    かにも参画し、主体的に調査研究を行うことも任務とする。
4.応募資格
(1) 試験問題の作成や分析等に関わる経験を有すること
(2) 認知科学、教育工学、教育/実験心理学等の領域における研究業績を有すること
(3) 今後の新たな研究課題を担うための幅広い素養を備え、個別の専門領域にとらわ
    れずに学際的研究への柔軟かつ積極的な取組が行えること
(4) 幅広い情報処理の知識を有していることが望ましい
    また教授にあっては、研究プロジェクト等の管理運営業務の経験を有すること
(5) 博士の学位を有すること,またはそれと同等以上の研究業績を有すること
5.定年及び任期
    独立行政法人大学入試センター就業規則等の定めるところにより、定年及び5年
    ごとの再任審査がある。
6.応募に必要な書類
(1) 履歴書(写真貼付、学歴・職歴等詳細に記入のこと)
(2) 研究業績等一覧(論文、総説(報告書を含む)、著書、翻訳等を区分し、題名・発
    表雑誌名・発表年を明記すること)
(3) 主要な論文、著書、又はその写し5編程度(各1部、後日返却)
(4) 大学入試についての研究上の関心、「4.応募資格,(1)〜(4)」の各項に関する
    経験及び今後の抱負等について応募者が記した文章(字数:2000字程度)
(5) 本人の業績等について問い合わせのできる適当な方がいる場合には、その方(2
    人まで)の氏名、連絡先、応募者との関係
   [注] 応募に際しては、教授・准教授のどちらの職種を希望するかを明記するこ
と。
7.応募締切日  平成19年5月31日(木)[必着]
8.採用予定日  平成19年9月1日以降のできるだけ早い時期
9.問合せ先  独立行政法人大学入試センター  研究開発部長  宮埜 壽夫
              電話 : 03-5478-1277       E-mail : miyano@rd.dnc.ac.jp
10.応募書類提出要領
(1) 提出先 : 〒153-8501  東京都目黒区駒場2-19-23
                            大学入試センター管理部総務課長
(2) 厳封の上、「試験評価解析研究部門教員応募書類在中」と朱書きすること
(3) 郵送の場合には、簡易書留とすること

===== [公募要項2: 助教] ===== 

    独立行政法人大学入試センター研究開発部教員候補者の募集について

1.募集人員    助教(独立行政法人大学入試センター教育職俸給表適用)1名 

2.所属研究部門   試験基盤設計研究部門
3.求める研究・業務内容
    当該研究部門では、大学入試センター試験に係わる情報収集、試験制度、試験方
    法改善、作題関連等の研究を行う。特に本公募職種については、大学入試センター
    試験ならびに各大学の大学入学者選抜の改善に資するために、教育制度・教育政
    策・教育方法・入試制度などに関する実証的な社会科学の研究を行うことを任務
    とする。またプロジェクト研究「ユニバーサル化時代に対応した大学入試センター
    試験のあり方に関する調査研究」に参画し、大学入試センター試験改善のための
    調査研究を行うことも任務とする。
4.応募資格
(1) 積極的に試験基盤設計研究部門・研究開発部の研究課題に取り組む意欲を有する
    こと
(2) 社会調査の設計・実施や入試・社会調査データなどの実証的分析に必要な知識と
    経験を有すること
(3) 修士の学位を有すること、又はそれと同等以上の研究業績を有すること
5.定年及び任期
    独立行政法人大学入試センター就業規則等の定めるところにより、定年及び5年
    ごとの再任審査がある。
6.応募に必要な書類
(1) 履歴書(写真貼付、学歴・職歴等詳細に記入のこと)
(2) 研究業績等一覧(論文、総説(報告書を含む)、著書、翻訳等を区分し、題名・発
    表雑誌名・発表年を明記すること)
(3) 主要な論文、著書、又はその写し3編程度(各1部、後日返却)
(4) 大学入試についての研究上の関心、及び今後の抱負等について応募者が記した文
    章(字数:2000字程度)
(5) 本人の業績等について問い合わせのできる方(2人まで)の氏名、連絡先、応募
    者との関係
7.応募締切日  平成19年5月31日(木)[必着]
8.採用予定日  平成19年9月1日以降のできるだけ早い時期
9.問合せ先  独立行政法人大学入試センター  研究開発部長  宮埜  寿夫
              電話 : 03-5478-1277  ;   E-mail : miyano@rd.dnc.ac.jp
10.応募書類提出要領
(1) 提出先 : 〒153-8501  東京都目黒区駒場2-19-23
                            大学入試センター管理部総務課長
(2) 厳封の上、「試験基盤設計研究部門助教応募書類在中」と朱書きすること
(3) 郵送の場合には、簡易書留とすること